Skip to content →

ケアマンションは終身にわたって心より安心して満足した生活が送ることができる

ケアマンションはシルバーマンションとも呼ばれる

ケアマンションとは、マンションタイプの老人ホームのうち、介護施設も備えているようなもののことをいいます。
シルバーマンションと呼ばれることもあります。
バリアフリーやユニバーサルデザインを採用するなどの空間・設備デザインについて高齢者が住みやすいように工夫された設備だけでなく、健常者として入居し必要になれば十分な介護を受けられるので、ケアマンションは終身にわたって心より安心して満足した生活が送ることができるように配慮された高級感のある老人ホームに多いです。
部屋のタイプは単身用、夫婦用があります。

ケアマンションの最も大きな特徴はやはり介護を行うための施設と人員が十分確保されていることでしょう。
利用者1.5〜2人に1人の割合で介護職員が配置されている例が多く、医師や看護師が24時間常駐していてクリニックが併設してあるものもあります。
入居者100人に対して常勤医師が1名、看護師が10名以上常駐している場合には介護老人保健施設の指定を受けられることがあり、介護保険が適用されるなどの利点があります。

ケアマンションのペット版も登場

ケアマンションと言えば、最近では老人ホームとは全く関係ない、ペットケアマンションというのもあります。
単にペットと一緒に入居可能というだけでなく、鳴き声・臭い・汚れの問題等に配慮された設備や、留守中のペットのケアサービスなどが付帯したマンションのことです。
またマンションによってはペット用の動物病院が併設されているようなケースもあります。


関連するレポート

    None Found

Published in マンションの選び方