Skip to content →

アウトポールの長所と短所を理解して、不動産物件選びに活用する

アウトポールはバルコニーに面した部屋で採用されやすい

アウトポールとは、マンションや建物で柱や梁などのフレームを室外に出す建築設計技法のことです。アウトフレーム工法とも呼ばれます。

中層マンションなどに多いRC(鉄筋コンクリート)造では柱と梁だけで建物を支えるラーメン構造をしていることが一般的です。ちなみにラーメンはドイツ語で柱を意味します。このラーメン構造では、通常柱や梁などが室内側に出っ張ってしまうために、室内に柱の分のデッドスペースができてしまいます。

アウトポールとはその名の通りで、室内の空間をうまく使うために、柱や梁などを廊下側やバルコニー側に出すようにするのです。廊下側を狭くすると荷物の搬入などに不利なため、通常はバルコニー側に出すように設計されることが多いので、バルコニーに面した部屋で盛んに採用されます。

アウトポールのメリットとデメリット

アウトポールの他のメリットとしては、バルコニーに面した部屋をリビングルームとして使用することが多いことから、開放的なリビングをデザインしやすいこと、またバルコニーを幅の広い柱と梁で囲まれているので、プライバシーが守られやすいことなどが挙げられます。

逆にデメリットとしては、柱を外に出した分バルコニーは狭くなってしまうこと、柱や梁が外界に常時さらされるので、風雨対策や防水対策を入念に行わなくてはいけないこと、などが挙げられます。また実際にアウトポール工法の部屋に住んでみてからよく聞く話としては、リビングが開放的な割にバルコニーの手摺の位置が高いので、座ってしまうとせっかくの眺望が台無しになってしまう、通常は梁に取り付けるエアコンの位置に注意が必要、などがあります。

しかしこれらは工夫によって解決できる問題であり、アウトポールのデメリットと捉えるかどうかは個人によるところが大きいと理解しておきましょう。


関連するレポート

Published in マンションの選び方