Skip to content →

共有名義でローン負担を分散させて、余裕のある資金計画を

共有名義で不動産の所有権を共有する

共有名義とは、親子や夫婦など複数の人が資金を出し合って住宅を購入し、所有権を共有することを言います。頭金や住宅ローンを一部でも出資することで共有名義となり、登記簿には氏名と出資分に対応する持ち分を記載することになります。共有名義の場合、自分の持ち分は、他の名義人の意思に関係なく第3者に売却できますが、建物全体の売却や処分の際には名義人全員の同意が必要です。

共有名義のメリットは何でしょうか?一番のメリットは資金面でしょう。ローン負担を分散させることが可能ですので、資金計画がより柔軟に進められます。実はお金に関するメリットはそれだけではありません。例えば夫婦で住宅ローンを返済している場合には、おれぞれのローンが住宅ローン控除の対象になります。また住宅所得資金贈与の特例といって、住宅購入を目的とした資金贈与は最大3500万円まで非課税になります。したがって例えば、妻が自分の親から住宅購入を目的として資金贈与を受けて共有名義にすれば、贈与税を節約することができます。このように購入時の資金繰りだけでなはなく、節税にもなるのが最大のメリットです。

共有名義は離婚の際にトラブルになるデメリットもある

ではデメリットはどうでしょうか?例えば夫婦で共有している場合を考えます。まず共有名義は連帯保証人でもありますので、妻のローン返済が滞っている場合には、夫がその分を負担しなくてはいけません。また離婚の際には、財産分与のトラブルの元になるケースが少なくないようです。


関連するレポート

    None Found

Published in 住宅ローン・融資