Skip to content →

親子リレー返済をつかえば、後継者がいる場合、高齢でもローンが可能

親子リレー返済は住宅ローンの年齢制限と関係がある

親子リレー返済という言葉は、住宅ローンの年齢制限に関係して聞くことが多いと思います。
住宅ローンを借りる際には、通常年齢制限があります。
具体的には、60歳を超えると借りられる期間が短くなり、その分だけ借りられる金額の総計が少なくなったり、毎月の返済額が多くなったりします。
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)による公庫融資を例に挙げると、60歳以上は最長20年で、61ー64歳は最長15年、65ー69歳は最長10年、70歳以上の人は融資を受けられない、などという具合です。

親子リレー返済とは、ある条件を満たす後継者(通常は子供です)がいる場合、申し込み本人の年齢に関係なくローンを借り入れ可能になる制度のことをいいます。
公庫融資の場合では、申し込み本人が60歳以上でも最長25ー35年の融資が受けられるようになるのです。

親子リレー返済の条件とは?

では親子リレー返済が可能となるような後継者の条件は何でしょうか?公庫融資の場合を例にとって説明します。
まず第一に、申し込み本人の配偶者を除く親族であることであることです、ただし子供がいる場合には子供が後継者となります。
第二の条件は、後継者が申し込み本人と同居するまたはその予定があることです。
融資対象となる住居が後継者にとっても資産価値のあるものであることを証明する必要があるというわけです。
第三の条件は、後継者に定期的な収入があり、かつ60歳未満であることです。
ただし後継者が20歳以上であれば、近い将来の収入を見込めるという理由で、学生であってもよいとされています。
最後に、後継者が現在公庫融資を受けていないことが条件です。
以上の四つの条件がそろえば、親子リレー返済を利用して融資を受けることができるのです。


関連するレポート

    None Found

Published in 住宅ローン・融資