Skip to content →

管理規約はわかりにくい、しかし理解しておくことは大変重要

分譲マンションにお住まいの方で、マンションの管理規約などまともに目を通したことなどないという方は多いと思います。なんとなく重要性は理解していても、いざ目を通し始めると専門用語や分かりにくい表現が多く、最後までよく理解しないまま読むのをやめてしまうという話はよく耳にします。

しかし管理規約をよく読み理解しておくことは大変重要なことなのです。以下ではその重要性について簡単に述べたいと思います。

管理規約は全居住者が共有する最低限のルール

分譲マンションの各部屋は独立になっているとはいっても1つ屋根の下で共同生活をしているということには違いありません。異なる習慣や考え方をもった人々が共同生活をするわけですからどうしてもお互いのマナーに関するトラブルが生じます。しかしマナーといってしまうと個人の判断に大きく依存してしまうので、それを防ぐために居住者同士である程度共通の約束事を決めておく必要があります、それが管理規約なのです。

管理規約は全居住者が共有する最低限のルールなのです。またルールを全員が守ることによってマンションの資産価値を維持することにつながるという点も重要なポイントです。

管理規約は国土交通省の標準管理規約に基いて制定されている

実はマンションの各管理組合が管理規約を制定するときのガイドラインとなるように、国土交通省が標準管理規約というものを定めています。

これはマンションのような集団住宅地は周囲に与える経済的影響も大きいために、政策的な視点からもマンションの維持保全が望まれているからです。


関連するレポート

    None Found

Published in 維持・管理