Skip to content →

管理組合とは居住者が資産価値を維持することを目的に住民全員で構成される

管理組合は共同住宅の居住者が皆気持ちよく生活するために

管理組合とは、マンションなど共同住宅の居住者が皆気持ちよく生活できるように、またマンションそのものの資産価値を維持することを目的としてマンション管理を総括的に行うための、マンションで生活をする全員を構成員とした団体のことです。
マンション法とも呼ばれる区分所有法第3条によれば、「区分所有者が全員で建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体」とあり、区分所有者は全員強制的に加入することになります。
管理費を払いたくないなどを理由に管理組合に加入しないということは不可能なのです。
逆に言えば、区分所有者でなくなったと同時に脱退ということになります。
また区分所有者のための団体であるので、区分所有権の発生しない賃貸マンションの住人や賃貸人は管理組合に加入できません。

管理組合の最高意思決定機関として総会がある

管理組合の中にも細かい組織が存在します。
大掛かりな工事などマンション全体にかかわる重要事項の決定を行うため、区分所有者全員を集めて多数決による決議をとる管理組合の最高意思決定機関を、総会と呼びます。
総会は少なくとも年一回区分所有者を全員集めて行うことが区分所有法によって義務づけられています。
懸案事項の決議だけでなく、予算の収支報告なども総会の議題です。
また住民の数が千人を超えるような大規模なマンションでは、頻繁に区分所有者全員を集めて決議をとるのは効率的ではありません。
そこで組合員から代表者である役員をあらかじめ総会で選んでおき、役員が組合運営を行う、理事会があります。
役員の選出は総会で行われます。


関連するレポート

    None Found

Published in 維持・管理