Skip to content →

アイランド型キッチンは調理スペースが広く使える

憧れのアイランド型キッチンを選ぶ

今回マイホームを購入しようかと思っています。そこで、主婦としてはやはりキッチンにこだわりたいもので、
どんなキッチンにしようかなって迷っています。

候補としては、憧れの“アイランド型キッチン”です。

ちなみに、アイランド型キッチンとは、アイランド=島 という意味がありシンクの部分が壁から離れて島状に独立したキッチンを指します。要は、コンロの天板とシンクの天板がセパレーツになっており、2つの天板を持つキッチンということですね。

インテリアの雑誌などを見ていても、すごくオシャレでいいですよね。

ただし、アイランドキッチンにする場合には、どうしてもお部屋の真ん中に出てしまうことになりますので、ある程度キッチン自体に余裕がないと設置することが出来ないんですよね。

LDKの間取なので、少しリビングを減らしてでもアイランド型キッチンを設置したいと考えてます。

天板部分がかなり広いので、その分調理スペースも広く使えますし、また、シンクの周りを自由に動けていいですよね。それに、シンクとコンロを別々に配置できるもの魅力なんですね。

アイランド型キッチンのデメリット

ただし、デメリットとしては、食器棚などの収納スペースをどこに確保するかということなんです。

アイランド型キッチンの場合、コンロ側のキッチンも広くなりますので、それだけのスペースが必要になってきますし、何と言ってもかなりのコストがかかることです。

大き目のテーブルと一体化になったオリジナルのアイランド型タイプのキッチンがあるようなので、もう少し検討してみることにします。


関連するレポート

    None Found

Published in マンション設備