Skip to content →

可動間仕切りは様々なデザインや材質が用意されている

可動間仕切りには折れ戸タイプや引き戸タイプなど色々なタイプがある

可動間仕切りとは、「かどうまじきり」と読み、その名の通り建物内のパーティションを区切る壁の中で移動可能なもののことをいいます。
可動間仕切りには大きく分けて、平常時は固定して使用されるが状況に応じて取り外したり位置を変更するような壁タイプと、常に開閉をともなうような建具タイプの2種類があります。
前者は、部屋の使い方に応じて可動間仕切りを用いることで、部屋の仕切り方や用途を柔軟にプランニングすることができます。
このような性格から、人数に応じてパーティションの数を変更するようなオフィスや事務所建築に特に多用されています。
後者はよく会議室や大きめの会議場などに見られ、人数に応じて空間の無駄を隠す用途で使われたり、また個人の部屋の中でも収納を隠すような場面で活躍しています。
可動間仕切りは形状によってさらに細かく分類することができます。
折れ戸タイプや引き戸タイプ、最近では天井まで届くような大型のタイプのものまで登場しています。
また取り付け方法も様々で、敷居やレールがなく、上から吊るすタイプのものもあります。

可動間仕切りはインテリアに大きな影響を及ぼす

可動間仕切りを選ぶ際には、壁一面のように部屋の中で大きな割合を占めますので、インテリアに大きな影響を及ぼすということに留意しましょう。
各メーカーともにデザインや材質毎にシリーズ化されていて選びやすいように工夫されていると思います。
また大きさがあるが故に、部屋の明るさ自体を変えてしまうことも考慮しましょう。
明るさを保持したければ、ガラスやアクリル板のような素材を選ぶのがよいでしょう。
また閉会したり移動したりするので、特に小さなお子様がいる家庭などでは、可動部分の安全面にも注意が必要です。


関連するレポート

    None Found

Published in マンション設備