Skip to content →

床下収納は気温や湿度が管理しやすく、キッチンスペースが広くなる

床下収納をキッチンに取り付けたい

私の家って収納スペースが少ないために、どうしても物が片付かなくなってしまい困っています。でも、たまたま友達の家に入った時、床下収納があってすごく便利だと聞きました。

ちょうど、キッチンに床下収納ができそうなデッドスペースがあったもので、うちも思いきってキッチンに床下収納を作りました。

そこで、床下収納を付けるにあたっていろいろと調べてみました。一言で床下収納といっても、1連タイプとスライド式の2~3連タイプ、そしてその他にも、収納庫が30cm程度上昇する電動昇降タイプなどといった種類がありました。

確か友達の家はスライドだったと思います。そこで、うちはできれば2つくらいの取り出し口をつけたタイプにしました。この方が便利に使用できそうですからね。

ただし、耐久性を考えた場合、取り出し口が1つの方がいいようにも思えましたけどね。

床下収納には換気口が付いているタイプも

私はよくみそや梅干、らっきょう、そして梅酒といったものを手作りで作っていますので、いつも置き場に困っていましたが、床下収納があれば、全て収納できますね。

最近では、換気口がついている床下収納などもあるみたいですけど、基本的に床下収納の中は気温が一定しているようですから、あまり物をたくさん詰め込まず、たまに換気をするように注意さえしておけば、湿気なども大丈夫みたいですよ。

床下収納があると、ビール、ワイン、お米、缶詰といった物なども収納できますので、キッチンのスペースも広くなってとても重宝しています。


関連するレポート

Published in マンション設備